歴史の国、中国より生まれた大棗(たいそう)(なつめ)と、日本の伝統的な健康アルカリ食品として重宝されている梅が、最高の形で融合したバーバラ寺岡オリジナルレシピ“大棗梅肉(たいそうばにく)”を、ご家庭の美容と健康の保持にぜひお役立てください。
HOME
バーバラ寺岡
商品ご案内
ご注文について FAQ
お問合せ
運営会社 工場のご案内

梅肉屋からのお知らせ
本「食害・薬害テロ時代 命は、こうして守れ!」活力食の秘密満載。
よくある質問と回答を追加しました。是非お読みください。
主婦の友社「健康」7月号に掲載されました
クロワッサン6/10号に掲載されました
クロワッサン2/10号に掲載されました


ご注文・お問い合わせは
東洋産業フリーダイヤル

大棗梅肉本舗
〒410-2123
静岡県伊豆の国市四日町1028-1
TEL: 055-949-8002
FAX: 055-949-8003
E-mail:info@taisoubainiku.com

主婦の友社「健康」

大棗梅肉のジュースの水割り、黒豆納豆、コラーゲン生姜湯は欠かせません

発行所:(株)主婦の友社  2003年7月1日発行「健康」  定価570円
http://www.webkenko.com/

料理研究家として活躍するかたわら、テレビにも多数出演し、著書は50冊を超える。髪や肌はつややかで、身のこなしも軽やかなバーバラ寺岡先生。

現在の元気な様子からは想像もつかないが、じつは67kgの体重、320ml/dlの高コレステロール、十二指腸潰瘍、貧血などに悩まされ、30代に入るころには膠原病にかかってしまった。「膝から下が、まるで腐ったバナナのようになってしまったの。髪の毛もほとんど抜けてしまって・・・」

そんな先生を救ったのが栄養学の第一人者、川島四郎博士の紹介で知った大棗・梅肉ジュースと、血をつくる鉄器調理だった。それ以後、毎日このジュースを欠かさず飲んでいる。「大棗とは赤ナツメのこと。ナツメと梅肉を煎じたジュースには、肝臓を強化し、血糖値の上昇と肥満を予防する働きがあるのよ」

これを機に、独自に日本や中国、世界の秘薬食も研究。その結果、朝食は黒豆納豆に。 「昔から、黒い食べ物は腎臓の特効薬といわれていて、鉄分もとても豊富なのよ」。黒豆納豆に黒ゴマ、タマネギのみじん切り、かつお節、温泉卵を加えるのがバーバラ流。   

そして胃腸障害や神経痛、関節炎に効果があるしょうがに、細胞どうしのつなぎの役目を果たすコラーゲンを合わせた「コラーゲン生姜湯」も朝晩欠かさず飲む。抗酸化力が強く、コレステロールを低下させる働きのあるヨモギ茶も、食卓に並ぶ定番メニューのひとつ。

「このレシピと鉄器調理で、2ヶ月後にはコレステロール値が正常になって、貧血も改善、髪の毛も元どおりになったの。それから、4ヶ月後には膠原病も完治したのよ」

いまでは、健康法を教える立場になったバーバラ寺岡先生。趣味は絵を描くこと。ブランドバック、靴など、そのキャンバスはさまざま。じつは、この日の服にも先生が書いた桜の模様が。「ナンバーワンではなくて、オンリーワンになりたいの」。

この気持ちが先生の健康と若さを維持している秘訣なのだ。

こだわりの三カ条
1. 毎朝、大棗・梅肉ジュースの水割りを飲むこと
2. 黒ゴマ入り黒豆納豆などの黒い食べ物を毎日食べる
3. 朝晩に「コラーゲン生姜湯」を毎日飲む
バーバラ寺岡先生の朝ごはん

コラーゲン生姜湯の作り方
| HOME | バーバラ寺岡 | 商品ご案内 | ご注文について | FAQ | お問合せ | 運営会社 | 工場のご案内 |
Copyright(C)2000-2014 Bainikuya All Rights Reserved.